From 吉中直美

私のできることで、たくさんの幸せを生み出したい!


こんにちは
「 家族を巻き込む収納・家事の専門家 」 WORMOM(ワーマム)の吉中直美です!

 
「私の出来ることで、たくさんの幸せを生み出したい!」
「あなた」のサポーターになります♪

 
「働くママ」の抱える色んな悩みを聞きながら
お家のインテリア・雑貨・リフォームのプロデュースしたり
片付け方の考え方を伝えたり
服のシステムを構築したり
子育ての悩みなど…

 
私は、一生の多くを費やす「働く」時間も大切にしながら、
家で過ごす時間を、ご主人様やお子様と豊かに
生活するためのヒントをお伝えしています(^ ^)!

 
ひとりでも多くの方が、自分らしく楽しく…
 

 
 

私にできること 1

 
「あなたらしく」を活かした生活空間を提案します!

 
外でがんばっているあなたも、お家ではくつろげて
「ありがとう」がいっぱいの状態になりたいですよね。
そのために大切なポイントは、「あなたらしさ」を知り、活かすこと。

 
自分のことって、自分ではわかりにくいですよね。
そこで、私があなたの中にある「本音」を引き出すお手伝いをします♪

 
あなたらしいお家を一緒に創っていきましょう。

 

 
 

私にできること 2

 
もう、ひとりで悩まなくていいです!!

 
仕事の行き帰りと子育てで追われると
ひとりで、色々考えるのには限界がありますよね。

 
「もっとどうにかしたい」と思っても、家(部屋)を活かしきれなかったり、
どうすればいいか分からなかったり、時間が足りなかったり、
頭の中がごちゃごちゃになったりしますよね。

 
私も、そうだったので、よくわかります。

 
そんな時、なんでも相談できて、
話を聞いてくれて、的確な答えに導いて、アイデアを提案し、よりそう
「あなたの味方」になります!

 
きっと、これまでよりも何倍もの早さで、解決し前に進めます!

 

 
 

私にできること 3

 
あなたらしさを、引き出し、一緒に考えます!
私は、「こうする方法もあるよ」とは言いますが
決めて行動するのはあなたです。

 
なぜなら、教えられたことでは人は変われないからです。
あなたには、あなたに合った考え方ややり方があります。
あなたの中に眠っている考えを引き出すことや、
一緒に考えて生み出すことを大切にしています。

 
あなたが、今すべきことが自然と見つかっていきますよ。

 


収納家事コンサルタント WORMOM Podcast 登録はこちらからどうぞ(^ ^)! ↓↓↓
 

スクリーンショット 2016-06-11 8.14.01

 

2017-01-24 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

【忙しいあなたに提案!】年始年末にきちんと「休む」を考える


こんにちは
「 家族を巻き込む収納・家事の専門家 」 WORMOM(ワーマム)の吉中直美です!

 
メリークリスマス♪
(↑ は、2017年1月末まで楽しめるそうです(^ ^)押してみてね)

 

 
書きましたが、私は「12, 自分を大切にする」ということが、
どうも苦手で後回しクセがあるんですよね。

 
それは…

 
・体調を崩す
・毎日のささいなことを幸せに感じる力が小さくなる
・自分がやりたいことに対して、集中できないため「出来ない」

 
結果的に、「自分さえガマンすれば…」
という考え方で何かを取り組むと何も良いことがないのです。

 
私は子どものころから、そういうクセがあります。
やっと、そのクセは抜けたと思っていますが、
意識しないとすぐ戻ってしまうときがあります(^ ^)!

 

 
 

休むとは?

 
「休む」と時間が生まれる

 
頭でわかっているのに動けないときは「休む」

 
「私自身の本当はどうしたいのか」
何度も何度も、自分に問いかけます。

 
・「何のために?」
・「どうして?」

 
それを、自分自身にハッキリさせないと
続けることが出来ないのです。

 
・「私は何がしたい?」
・「あなた(家族など)は、どうしたいのだろう?」

 
常に頭の中で考えるのです。
何度も何度も考えるのです。

 
・「私が本当に求めているものは何だろう?」

 
そうして考えたやってみた行動は、
自分の自己満足の思いを満たし、
目先の損得勘定で判断して行動している人には得られないものです。

 
そして、私は一番嫌いな人たちの行動を考えます。

 
その人たちが、なぜ嫌いと思うのか。
考えてみると…

 
わかってきます。

 
私の心の中に、なんか引け目に感じていたことを
教えてくれていたことに気がつかせてもらえます。

 
私も、年末年始に、時間をとって
もう一度考えてみます(^ ^)!

 
忙しいあなたも、考えてみませんか?

 
そうすると、忙しくてもできる片付けが身についてきます!

 
 


収納家事コンサルタント WORMOM Podcast 登録はこちらからどうぞ(^ ^)! ↓↓↓
 

スクリーンショット 2016-06-11 8.14.01

2016-12-24 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

「変わりたい人」が行動出来るようになる6つの方法


 
「 家族を巻き込む収納・家事の専門家 」 WORMOM(ワーマム)の吉中直美です!

 
私が「変わりたい」と思うのに動けないときに考ること

 
 

1, 自分を受け入れる

 
よく、直美さんは努力家だからね。
才能があるからね。
根性が違うからね。

 
…と、最近は、言われたりします。
お恥ずかしい…。
たぶん…そんなことじゃないと思うのよ。

 
人一倍、どんくさくて
子どもの頃は、保育士さんにこの幼稚園史上のどんくさい子と言われましたし(笑)
小学校に入ると、通信簿には、おとなしすぎて困ると書かれていましたし
まわりには、デブで不細工で恥ずかしい子って言われてたし(笑)
事務員をすると電話さえも取れないのか…って
バカにされてきたし
結婚したら、茶碗洗いしか脳がないと言われてきたし
言い出したらキリがないくらい
否定され続ける人生(^ ^)!

 
今から考えると、よく心が折れなかったなぁ〜
バカにされることが前提で生きていたから?(笑)

 
You yubeでアップすることにしても
子どもが1人だからできることだとか
味噌汁が冷えるとか(笑)
ごはんが少ないとか
収納スペースがあるから出来るとか?
その他、もろもろ
何を話しているのかわからないとか…
揚げ足取りのコメントや嫌がらせもたくさんありました(^ ^)

 
「でも、そんな風に見られているんだな。」ぐらいにしか感じなかったのです。

 
まわりの人は、私の失敗を見て笑って
そんな努力はムダと言って、批判してくるんですよね♪
「私の方が上ですよ〜。」アピールをしてくるのです。

 
そんなときは、
「私より、上でしょうね。すごいなぁ〜。」って思うだけです。

 
「私は私だもの」
「出来ない自分も可愛い(笑)」
私は、ちゃんとそれを認めています。

 
そして、わざわざ言ってくれて
「ありがとう!」と思うのです。

 

 
 

2, 自分を受け入れる

 
私は、どんなに小さなことでも出来なかったことが、
出来るようにチャレンジしていると、楽しくなってきます(^ ^)

 
「まわりの人が否定してくることは、言わせておけばいい。」

 
勝手に決め付けて、正論を言われても
その人が信じられるような人でないときには聞かない(笑)

 
「世間で出来る方法や一般論はどうでもよくて
自分の出来る方法を見つける。」

 

 
 

3, 自分を受け入れる

 
私の場合、やらないと損することを考える(^ ^)
やらないことのデメリットを色々拾い出すと…
やるしかないと思えたりします。

 

 
 

4, 自分を受け入れる

 
3日坊主になるようなことを目標設定にしない。

 
自分のテンションが高いときに出来る、やろうと思ったことは
3日坊主になってしまうことを自覚しています。

 
毎日、当たり前に出来るように習慣化できそうなことを
考えて出来ることを増やすのです。

 

 
 

5, 自分を受け入れる

 
出来るようになったとか出来なかったことはひとつの結果でしかありません。
失敗しても死ぬわけじゃないし、出来るようになったからと言って
その状況が一生続くわけでもないことを自覚しています。

 
大切なのは、自分が経験値を積むことです。

 
私が出来る方法(行動力)や、失敗から学んで次に生かせるような応用力など、
全ては自己成長のために行動するんです。

 
だから、結果を考えることは全く興味がありません。
何もせず、さらには失敗すら出来ないことの方がもったいないと思うのです。

 

 
 

6, 自分を受け入れる

 
まわりの人は、両親を含め
私のことを、お前は強い、男前やなぁとかストイックやなぁとか
場合によっては、直美さんには足を向けて寝られない(笑)と
言われるようになりました。

 
不思議なものです。

 
「やらなければならない、〜べき」という事をやり続けることはとても難しいです。
ゲーム感覚で楽しみながら自分と向き合う方が楽しいです。

 
そして…
収納のお仕事をしてきて気がついたのです。
片付かない、家のシステムを構築できない人は
この、「自分を受け入れる」ことをしないので行動出来ないのです。

 
その上、出来ない理由を一生懸命
あーでもない、こーでもないと自分の都合の良い言い訳を考えることに
集中しはじめるのでしょう。

 
これが出来ない間は、モヤモヤするんですよね。
自分をごまかして見なかったことにしようとするのです。

 
WORMOM CAFE SCHOOL(スクール)の課題では、
自然と向き合う機会を作るように構成しています(^ ^)!
 
 


収納家事コンサルタント WORMOM Podcast 登録はこちらからどうぞ(^ ^)! ↓↓↓
 

スクリーンショット 2016-06-11 8.14.01

2016-12-12 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

私が収納を通して学んだ12のこと

yjg3c6xhmjg-averie-woodard
こんにちは
「 家族を巻き込む収納・家事の専門家 」 WORMOM(ワーマム)の吉中直美です!
 
私は、シングルマザーになって罪悪感の塊になっていました。
それは、まわりに肯定してくれる人が誰もいなかったから…。

 
否定的な意見しか投げかけられなかったのです。

 
それは、それは、とっても苦しいことです。

 
いつしか、言われることに慣れすぎて
自分が居なくなってしまう気持ちになっていました。

 
何をしても何をやっても、物のような扱いを受け続け
自分で考えやってきたことも
良いところ取りされるのも当たり前の感じ…
家事も仕事も子育ても1人でやってきたからこそ
わかったのかもしれません。

 
だからこそ、家のシステム作りを必死で考えてやってきました。

 
「1匹狼で生きていこう!」

 
そう決めて、仕事も家事も…子育てもやっていくと
私に否定的に物事を言ったり、見下してくる人が
どうしてなのか、わかってきました。

 
「なぁ〜んだ!」とカラクリがわかったのです。

 
そして、「収納」のお仕事で色んな方と関わってきて
片付かない原因、モヤモヤしている原因は
「自分と向き合う」ことをしていないからなんだなということに
行き着きました。

 
忙しい方が自分と向き合う機会を提案できたら…
年を重ねたときに後悔してしまっている方にも、
何度も出会い…切ない気持ちになっていました。

 
私は、あなたが「私は私で良い」って満足できるように
「一緒に、がんばっていこう」ってスタンスで仕事が出来たら
ステキだなと考えています。

 
それは、私が…、そういう場所があったら、
苦しいときに、救われていたと思うから(^ ^)!

 
そして、今まで収納のお仕事をしてきて
ただ…片付けをしてきたのではなく、色んな大変な環境の女性の
状況を見てきて、一緒にがんばってきて行き着いたのです!
目先の収納をいくらやっても片付かないんだなってわかったのです。

 
インテリアや雑貨好きなので(笑)
誤解されることも多いのですけどね…。
根本を見直さなければ、出来ない(触れない)ことに
気がついてしまったんです…。

 
「収納、システム作りの心構え、12のSTEP」があります。
あなたは、どうですか?
家(家族)は、リンクされています。

 

 

1, 愛情

 
・「見返りを期待してしまう」
・「コントロールしようとする」

 
自分に気がつく…

 
私は私、相手は相手(子供でも)

 
・自分と相手は違うということを前提に関わる

 

 
 

2, 受け入れる

 
・自分
・両親
・子ども
・他

 
自分の置かれている状況、環境を受け入れる
これを逃げているときには、目先の状況を変えても
何度も繰り返し悩み続けていました。

 

 
 

3, 本当の自分は?

 
モヤモヤしている自分と向き合わないで仮面を
被ろうとしてしまうことに気がつきました。

 
・自分の存在を否定して、良い子を演じる
(「私なんか…」「私はバカだから…」という口癖を辞める)

 
・1人になるのが怖い
(依存しようとする)

 
・自分の自由をなくしてしまう傾向
(異常に、他人に尽くす、本当は愛情が欲しい?)

 
・利用される、裏切られる
(コントロールしようとする)

 
・頑固
(冷たくされた経験…?)

 

 
 

4, 過去の経験

 
・自分の信じていることが人のためになると思い込んでしまう

 
そして、今…
「自分の役に立つこととは限らない」
 

 
 

5, 体調管理

 
・人一倍、体力があったから1週間くらい徹夜しても平気だった…
・でも、自分の意識していないときに倒れることが出てきた
・自分の体調管理も意識しないと…
・食生活も見直す(キッチンのしくみ作りを考えるようになる)

 

 
 

6, 自分を責めることを辞める

 
・成長するために、自分で決めて自分で責任を取る
・現実、現状を受け入れる

 

 
 

7, 自律している友人を持つ

 
・自律している友人とは、自分で物事を決め、行動する人
・気持ちよく助け合える

 

 
 

8, ネガティブな自分

 
・苦しい、憎い、罪悪感、それを手放す

 

 
 

9, 私はどうしたいの?

 
・人と比べない
・嫌味を言う人とは距離をおく

 

 
 

10, 物で気持ちをすり替えない

 
・物で空虚感を埋めようとしない
・本当に必要なのか自分に問う

 

 
 

11, 私が大切にしたいことは?

 
・カッコ良いママになりたい
・カッコ良いママってどんな感じ?

 

 
 

12, 自分を大切にする

 
・一番苦手分野…
・いつも自分のことは後回しにしてしまう…
・自分を大切にするとは、どういうことかちゃんと考える
 

 
では、色んな自分と向き合いながら
収納、そしてシステム作りに取り組んでもらっています!
この2年間、このシステムを作るのにモンモンとあーでもないこーでもないと
どうやれば出来るのだろうと考えてきました。
やっと、形になってきて嬉しいです♪

 
家のシステム作りもそうですが、システムが出来るまでは”孤独に耐える力”が
(まわりの人が自分のアイディアを理解してくれなくても、自分を信じることができる。)
必要になります。

 
あなたには、仲間がいます。ファイトです!!

 
お客様の声を良かったら読んで下さい(^ ^)!
色んな年齢、状況、環境の方が、励まし合いながら、がんばっています!!!

 


収納家事コンサルタント WORMOM Podcast 登録はこちらからどうぞ(^ ^)! ↓↓↓
 

スクリーンショット 2016-06-11 8.14.01

2016-12-05 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

【自分で考えて動ける子】 『やったことなかったら、文句を言ってやらない?』

12478957

 
こんにちは
「 家族を巻き込む収納・家事の専門家 」 WORMOM(ワーマム)の吉中直美です!

 
子どもには、いつも無茶ぶりされると言われていたママです(笑)
 

 
 

教えてもらって当たり前?

 
目的:「自分で考えて動ける子にしたい」

 
子どもに、それを意識して接していました。
そうすると、仕事から帰ると、
どんどん自分で考えて色々やってくれているので、
家に帰るとどんな状況になっているのか
正直、怖かった時期があります(^ ^)!
(想定外の片付け(家事)が、発生…)

 
「やったことがない」と「できない」は、違います。

 
だから、教えてもらってないから出来ないって言われると
「1回やってみたらどぉ?」って思います。
「間違ってもいいやん、失敗してもいいやん、最初は誰でも何も出来ない」

 
「出来るようになるには、経験が必要です。自分で考えて動いてみる
若い間に、家にいる間にいっぱい失敗しなさい。
その方がフォロー出来るから。20歳には必ず家を出なさい。
その覚悟で自分で出来ることを増やせばいい。」
と、言ってました。
 

 
 

挑戦する気持ち

 
人は、やったことがないことに挑戦するからこそ成長するものです。
もちろん、挑戦するということは、リスクもあります。

 
例えば…ちっちゃいリスクだけど遅刻(笑)
めちゃくちゃ葛藤したことの1つでした。

 
手を出さず、見守るのは結構大変ですが、
朝、子どもが自分で起きるのが当たり前にしないと
いけないなって考えていました。
ですが、ギリギリまで寝ている様子に
何度も部屋の前をうろうろしたり、
窓を全開にして寒くしたりしていました(^ ^)

 
子どもにお願いごとしたときに
「そんなことやったことない」と言われると
「誰でも、最初はやったことない。やってみるものや。いつやる?出来る?」
と、よく聞いてました(笑)

 
よく、嫌がられてましたけどね。

 
何度もそう話しかけると(← 私、しつこいので)、
子どもは、渋々やりはじめるって感じできたけどね。

 
そうすると、「やったことがない」ことから『出来る』ことに
変わっていくんですよね。

 
そして、失敗したときにはどうすればいいのか
本人が自分で対策を考えるようになってきます。
何でも練習ですね(^ ^)!
私は、それが、子どもの自信につながっていくと信じています。

 
 


収納家事コンサルタント WORMOM Podcast 登録はこちらからどうぞ(^ ^)! ↓↓↓
 

スクリーンショット 2016-06-11 8.14.01

2016-11-13 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

【自分を好きになる】忙しいあなたのための WORMOM CAFE SCHOOL #2をやってみて…


 
こんにちは
「 家族を巻き込む収納・家事の専門家 」 WORMOM(ワーマム)の吉中直美です!

 

 
私がどのように考えて、サイズを考えると、仕事などで忙しい中でも子どもと一緒に
コミュニケーションが出来るキッチンの土台作りができたのか、ちょっこっとhint(^ ^)!
当時私は、家のサイズを測ることで、法則があるんだということに
気がついたのです。

 
どうやら、私の原点はここから始まっているようです(笑)
20年ほど前に書いていたものです。

  img_0131

img_0132

img_0133

img_0134

img_0135

 
写真で見てくれてもわかるように、マニアック体質だったようです(笑)
建築のことなど、全くわかっていませんでしたが
こうやって書いてみることによって
サイズ感が頭に整理されることによって、空間把握能力が
あがっていったように思います。

 
そして、この家に住んでいたときの我が子の成長メモが、
ありましたので参考までに書いておきます。
(※ あくまでも、参考です。比べる必要はないと思います。)

 
■ 0〜6ヶ月(出来るようになったこと)

 
・うつぶせで90度、頭をあげるようになった。
・うつぶせで両手を突っ張って胸が離れるようになった。
・両脇を支え、前後左右に傾けても首がしっかり座った。
・物を持たせると握るようになった。
・自分の両手を絡ませる。
・目の前で物を動かすと左右に少し目で追う。
・左から右まで目の前のものを目で追う。
・自分の手を見つめる。
・うつぶせでも仰向けでも寝返りをするようになった。
・たて抱きをしても大丈夫になった。
・両脇を持ってたたせると、足の裏全体に体重をかけ踏ん張る。
・仰向けで物に手を伸ばして掴む。
・抱かれているとき、手を伸ばして物を取る。
・クーッと声を出す。
・音がするとビクっとしたり、体の動きを止めて聞いている。
・キャーと大きな声を出して笑う。
・声を出して笑う。
・あやすと微笑む
・人の顔を顔を見つめて微笑む。
・名前を呼ぶと、声の方に振り向く。
・「いないいないばぁ」をすると喜ぶ。
・知らない人が来ると、緊張した表情になる。
・うつぶせで前におかれた物に手を伸ばす。
・おすわりの格好にすると、両手を前について支え、座っていられる。
・座ったまま、横に置いた物を取る。
・5本の指全部使って小さい物(ボーロ)を取るように…
・鏡を見せると喜んで見つめている。

 
■ 6ヶ月〜1歳(出来るようになったこと)

 
・紙切れをいじる。
・物を持ち替える。
・バババババ、マママママママと連続で言う。
・私がいなくなると、後を追って泣く。
・目の前の物を隠しても、覆った物をどかして探し出す。
・わざと物を落として、拾わせることを繰り返す。
・「お父さん、お母さんどこ?」と聞くと、そちらを見る。
・発音をマネしようとする。
・バイバイ、おつむてんてんなどのマネをする。
・両手で物をカチカチと音を鳴らして遊ぶ。
・親指と人差しを使って物を掴む。
・つかまって立ちがる。
・伝え歩きが出来る。
・うつぶせで前に置かれたおもちゃを取ろうとして前進する。
・はいはいをして前に進む。
・上手に立っていられる。
・2、3歩歩く。
・物を書きたがる。
・物を渡したり受け取ったりして遊ぶ。
・「まんま」と話し始める。
・指をさして欲しい物を取れと指示してくる。
・積み木を積むことが出来るようになる。
・後ずさりする。
・はいはいで階段を登る。
・ボールを蹴る。
・壁や柵につかまって、階段を登る。
・ボールを肩の上から投げる。
・ボールを転がすと転がし返してくる。
・目、手、耳、頭、口など体の部分を指して教えることが出来る。
・帽子をかぶる、髪の毛を結ぶと鏡に映しに行く。
・おむつが必要なくなった(1歳半)
・掃除をマネるようになった。
・「ゴミ捨て」など頼むとお手伝いが出来るようになった。

 

 
子どもの成長が早い…
1年で出来ることが、すごい勢いで…焦る…
私の成長は???子どもってすごいなぁ。
子どもに、負けないように成長しなくては。

 

 
■ 私が、これから、意識していくこと

 
・1. 子どもに指示を与えるときは、そばに行って与える。

 
・2. 指示を与える前に、子どもの注意を引く

 
・3. 指示を与えてから、2〜3秒待っても指示に従う様子をみせないときは、
そっと手をかして行為を促してやる

 
・4. 指示に従い始めたら、ただちに熱意を込めて褒める!

 
・5. 前に与えた指示が遂行されないときは、次の指示を与えない。

 
・6. だだをこねても取り合わない。きっぱりした態度で指示を遂行するように求める。
(家に入ったあとは、戸を締める・おもちゃを片付ける・呼ばれたら来る・言われた物を渡す・座れと言われたら座るなど)

 
・7. ダメと叱った場合は、必ず、なぜダメなのかきちんと説明する。

 

 
これは、当時、私が意識していたことです。
あまり覚えていませんが(笑)
今はボロボロになっいますが、部屋に貼ってました。
そして、このノートを見て、マメだなぁ〜。えらいなぁ〜。と思いました(笑)
過去の自分に「よく、がんばったね!えらい、えらい」と言って抱きしめてあげたいです。

 
 


収納家事コンサルタント WORMOM Podcast 登録はこちらからどうぞ(^ ^)! ↓↓↓
 

スクリーンショット 2016-06-11 8.14.01

2016-11-02 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

【自分を好きになるための】我が家の年間ごはん

16648900
 
こんにちは
「 家族を巻き込む収納・家事の専門家 」 WORMOM(ワーマム)の吉中直美です!

 

私がシングルマザーになって罪悪感で苦しくなった1つ、
年間行事がおろそかになってしまうことでした。

 
それは…きっと、両親が年間の行事を大切にしていたからでしょう。

 
えっと、誕生日とかそういうことではなく、
両親は、日本の行事に対しての『食』を大切にしていました。
毎日仕事の忙しい中で、おろそかにしている自分に
とっても罪悪感を感じました(ー ー;)

 
両親のようには…私は、どう考えても

 
できないものは、できない…

 
そして、それを子どもに経験させてあげられていないまま
子どもが大きくなってしまうことに、
とっても恐怖を覚えました(ー ー;)

 
『うわっ、親って大変だ!!』って思いました。
そこで、私なりに出来る方法を考ようと思い立ったのです。

 
自分なりにノルマを課すことにしました。
『1ヶ月に1回でいい。』
子どもと一緒に出来る方法を考えよう…と決めたのでした。

 
私が、できるできないは、とりあえずおいといて…(笑)
仕事のお休みの日に、単純に年間の行事を子どもと
一緒に拾い出すことをすることにしたのです。

 
お休みの日には、体積の違いなど実験でやってました(^ ^)!
ちなみに資料作成は、中学の子どもの時代に子どもで作ってくれた
資料です!
 
体積(ml)と重さ(g)の違いの実験

 
 

1月

 
・1日 おせち料理
・7日 七草の節句
・11日 鏡開き

 
・1月の旬のおやつ

 
ex
お雑煮用おもち正月の御飯 筑前煮・お雑煮正月のデザート1月 7日 人日の節句 七草粥

 
1月15日、朝の習慣
 

 
 

2月

 
・3日 節分
・10日ごろ 初午
・14日 バレンタインデー

 
・2月の旬のおやつ
 

 
 

3月

 
・3日 桃の節句
・14日 ホワイトデー
・21日ごろ 春分の日
・24日ごろ イースター

 
・3月の旬のおやつ

 
ex
すぐできる!ウチの簡単 3月の季節の料理
 
収納スペースが少なくても大丈夫、手間のかかる(笑)ひなまつり飾り

 

 
 

4月

 
・お花見(弁当)…

 
・4月の旬のおやつ
 

 
 

5月

 
・2日ごろ 八十八夜
・5日 子どもの日
・第2日曜 母の日

 
・5月の旬のおやつ
 

 
 

6月

 
・10日ごろ 入梅
・21日ごろ 夏至
・第3日曜 父の日

 
・6月の旬のおやつ

 
ex
6月の定番

 

 
 

7月

 
・7日 七夕
・20日 土用の丑の日

 
・7月の旬のおやつ

 
ex
7月の土用の丑の日(どようのうしのひ)ごはん

 

 
 

8月

 
・8日ごろ 立秋
・13〜16日 お盆

 
・8月の旬のおやつ
 

 
 

9月

 
・18日ごろ 十五夜
・20〜26日ごろ お盆
・第3月曜 敬老の日
・23日 秋分の日

 
・9月の旬のおやつ
 

 
 

10月

 
・第2月曜 体育の日
・31日 ハロウィン日

 
・10月の旬のおやつ
 

 
 

11月

 
・7日ごろ 立秋

 
・11月の旬のおやつ?

 
ex
部屋が良い香です

 

 
 

12月

 
・21日ごろ 冬至
・25日 クリスマス
・31日 大晦日

 
・12月の旬のおやつ
 

 
ついでに、エクセルやらワードを教えて
自分で表を作らせました。
小学校高学年のときだったなぁ〜。

 
そして、子どもが自分で出来そうなメニューを拾い出しをしてもらいました。
私たちが、続けてやれる方法を一緒に考えてやってました。

 
やっぱり、仕事をしながらですので
『やってられない』がたくさんあって
これも、残念ながら
どんどん、シンプル化されていくんですよ(ー ー;)

 
これも、人によって違うんでしょうね…(^ ^)

 
ここ最近は、昔、子どもと一緒に作った資料などを見ながら
子育て復習気分です(^ ^)!
それも、ありがたいことですね。

 
こうやって、子どもと拾い出してみるだけでも
楽しくなった記憶がありますよ…(^ ^)!

 
たとえば…
フラフラになって家に帰ると…
母の日に…

 
本当、救われたなぁ〜
成長してくれているんだなって

 
 


収納家事コンサルタント WORMOM Podcast 登録はこちらからどうぞ(^ ^)! ↓↓↓
 

スクリーンショット 2016-06-11 8.14.01

2016-09-21 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

お客様の声

voices1

5時間プラン(コンサルティングのみ)
¥48,000(税込)
約1時間のカウンセリングの後にワーマムのオリジナルメソッドを伝授します。
考え方が劇的に変わり、収納や家事の改善ポイントが明確になります。
お時間のない方、アドバイスのみで、作業は自分でできる方にお薦めのコースです。

 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
先日は、コンサルティングありがとうございました。

 
自分で思っていたより、
空間把握ができていないものですね。

 
先生が帰られた後に実際にサイズを測って
ダンボールを置いてみて、
初めて、先生の言っている意味が理解できました。

 
先生に、「おそっ!」と言われそうですね 笑

 
あの後、夫と二人で家具屋さんに行って
お店に置いてある中で、1番小さいソファーを購入しました。

 
家具を選ぶときの価格も、サイズも、素材も
手入れのしやすさも、最終処分のしやすさも
全て逆算なんですね。

 
そこまで考えるなんて
想像もしていなかったです。

 
先生には、何度か来ていただいて
分かっているつもりでしたが
今回も驚きの連続でした。

 
もらった宿題を自分なりに頑張ってみます。

 
ありがとうございました。

 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 
■ 家事収納コンサルタント WORMOM(ワーマム)
収納・家事効率化のご相談、
家族の協力を得るための仕組み作り、買い物同行 etc
収納・家事のスペシャリストが、
働くママの『時間がない』を解決します。

【主要営業エリア】
神戸・西宮・芦屋・宝塚・尼崎・伊丹・大阪・京都
*その他エリアも対応可能です。

 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2016-06-30 | Posted in From 吉中直美, VOICES

 

【忙しくてもノンストレスにしていく】7つの収納・家事のシステムの方法


 
こんにちは
「 家族を巻き込む収納・家事の専門家 」 WORMOM(ワーマム)の吉中直美です!
 
今まで、片付けの仕事でお客様と色々、やってきて
何度も実験を繰り返しわかってきたことによる

 
【忙しくてもノンストレスにしていく】7つの収納・家事のシステムの方法

 
一緒に作業をしなくてもお客様に行動をしてもらえ
お客様も忙しい中、きちんと経過報告がもらえるようになりました(^ ^)!
嬉しいです!!!
ありがとうございます。
すぐ、返事が出来ないときもありますが
必ず返事しますね(^ ^)!

 

 

忙しくてもノンストレスにしていく
収納・家事のシステムの心構え

 
■ 収納・家事のストレスを感じない生活に改善していく方法

 
たくさんの人が物に振り回され時間を損をする生活をしている中で
子育ても仕事も楽しめる収納や家事が出来る
シンブルな原則を丁寧に説明します。
(寝る・食べる・コミュニケーション)

 

 
 
■ 正しい収納グッズの考え方

 
いきあたりばったりのとりあえずの収納グッズの揃え方は
結果的に使いにくく、無駄になっていく上
捨てる手間、時間を何度も繰り返しています。

 
まずは、土台作りの基本をお伝えします!

 

 
 
■ 家族はチームであり仲間!!

 
家族の個人の物の量の過多は収納や家事のストレスが伴います。
WORMOMではストレスをためないで、仕事に支障がでず
さらに楽しくなるための方法を教えます。

 

 
 
■ 今までのストレスからくる物欲をコントロール出来る方法

 
ストレスからくる物欲と本当に要る物の違いを理解していないと、
細い無駄なお金を、使い続けています。
それでは「豊か」とは言えません。

 
家全体の空間感覚が理解出来てくると、
判断する力が増し家族(自分)が
本当に要る物にコストをかけられるようになります。

 

 
 
■ 収納(家事)とインテリアの目標と計画の法則

 
ほとんどの方は目標に対する考え方がまちがえているため、
何度もリバウンドをしたりするのです。
「自分のキャパを自覚」しようとしないので
いつまでたっても同じ事を繰り返しています。

 

 
 
■ 家事を家族でシェアがしやすい空間作りの方法・考え方

 
家族それぞれが、外でがんばっています。
家に帰るとお互いで「ありがとう」と言えるような状況を作ると、
家族の絆が深まり家族それぞれが自分のやりたい事を
やれるための、大切な方法について説明します。

 

 
 
■ 私だけが、がんばればいい?
 
(女性だけが負担になるような)
家族の誰かが我慢することによって成り立つ手法ではありません。
これからはもっと女性が働くことが当たり前になってくる
時代になることでしょう。

 
子どもにも伝えていきやすい考え方をお伝えします。

 
それぞれが成長出来て、ワクワク出来るような
空間作りの提案します!!

 


収納家事コンサルタント WORMOM Podcast 登録はこちらからどうぞ(^ ^)! ↓↓↓
 

スクリーンショット 2016-06-11 8.14.01

2016-06-01 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

【なんで、10歳くらいまでに?】なんで、お手伝い?なんで、忙しい方?#2


この記事を読んだときに、片付けの仕事で色々模索してみて
やっぱりそうかぁ〜(^ ^)
…と結びつきはじめました。
 
参考までに…
PLSIDENT online)2011年の記事
 

 

使い物にならない新人の共通点とは?

 
私の知人がある会社の人事部で採用を担当したときのこと。
面接、テストと段階を重ねて採用した十数人を
社内に配属したところ、
しばらくして配属先の上司が人事にねじ込んできた。

 
「使い物にならん。気が利かず感謝を知らない、
自ら学ぼうとしない奴らばかりだ」
というのだ。

 
困惑した人事部では改めて社内調査を実施、
「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイントを探った。
そしてわかったのは、「使える」と言われた新人は
みな子どもの頃に親の手伝いをした経験があり、
「使えない」新人はしたことがない、という事実だった。
つまり「小さい頃お手伝いをしていたかどうか」が
両者を分けたのだ。

 
以後この会社では、
「子どものときに親の手伝いをしたことのない人間は、
採用してはならない」と決めたという。

 
抜粋…しました。
詳しくは(PLSIDENT online)2011年の記事で

 

 

我が子の場合

 
私の子育ての時代でも
保育所時代からごはんを炊くことなど
教えられる状態にキッチンを片付けていきました。

 
私だけが出来るような片付け方をしても
意味がないと考えていました。

 
まわりからは、そんな小さい子にやらせるなんて
「かわいそう」と言われ続けましたけどね(ー ー;)

 
仕事から帰ってからのバタバタの

 
2時間をいかに有意義に過ごせるかを考えると
家の片付け方を見直しすることが
大事かもと気がつきました。

 
子どもと一緒に家事をしていくのは
かえって手間がかかるのです(笑)
ですから、イライラしないように
自分自身がどうすればいいのか
向き合うことがたくさんありました。

 
あのとき、模索し続けてきたことが
結果的に色んなことに気がつけました。

 
そして、きっと…
家のことに対しても一緒なんでしょうね。
結婚をするときも同じような目安で決めた方がいいのかも(笑)

 

 
■ 20歳になった子どもから来たメール抜粋

 
『今まで20年間手間のかかる私を
産み育ててくれて、本当に感謝してます。
1人でこなすのは容易で無かったと思うし、
尊敬してます。』

ママの子供である事に誇りを持っています。
ママのお陰で
社会に出てから褒められる事が多いです。

 

 

 


収納家事コンサルタント WORMOM Podcast 登録はこちらからどうぞ(^ ^)! ↓↓↓
 

スクリーンショット 2016-06-11 8.14.01

2016-04-13 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

【なんで、10歳くらいまでに?】なんで、お手伝い?なんで、忙しい方? #1


こんにちは
「 家族を巻き込む収納・家事の専門家 」 WORMOM(ワーマム)の吉中直美です!

 
 
この記事を読んだときに、片付けの仕事で色々模索してみて
やっぱりそうかぁ〜(^ ^)
…と結びつきはじめました。

 
参考までに…
new york times)2014年の記事
 

 

スティーブ・ジョブズのアナログな子育て

 
スティーブ・ジョブズがアップルを率いていた頃、
彼は記者を呼び出すことで良く知られていた。
新しい記事について記者の背中をポフポフと叩くだけの事もあったが、
多くの場合は記事が間違っている事を説明した。

 
私はそのような呼び出しを2.3回受けたことがあるが、
2010年末にiPadの欠点を記事にした私を呼び出した時の
会話ほど衝撃的だったことはない。

 
『ところで、お子さんはiPadが大好きででしょうね?』

 
私はその記事の内容から話題を切り替えようとしてジョブズ氏に尋ねた。
初代iPadが世界中の店舗に並んでいた頃だったからだ。

 
「私の子どもたちは使ったことがない。」
と彼は言った。

 
「私は子どもがテクノロジーに触れる事を制限しているんだ。」

 
私は意表を突かれて言葉を見失い、黙りこんでしまった。
ジョブズ氏ほどの人物の自宅であれば、壁は巨大なタッチスクリーン、
食卓はiPadがタイルのように埋め込まれ、
来客にはチョコレートを配るみたいにiPodを配る…。
そんなテクノロジー天国に違いないと想像していたからだ。

 
「いや、それとは程遠いね。」ジョブズ氏は言った。

 
テクノロジー企業CEO達の子育てスタイル

 
それ以来、私は沢山のテクノロジー企業の幹部や
ベンチャーキャピタリスト達に会ってきたが、
彼らはみな同じような事を言うのだった。
彼らは子どもがデジタルスクリーンを見る時間を制限したり、
学校がある日の夜は全てのガジェットを禁止したり、
週末は時間制限をしたりする。

 
私はこういった子育てスタイルに戸惑った。
なぜなら、ほとんどの親は子どもをタブレットやスマートフォン、
パソコンの光を昼夜構わず浴びることに気を留めないのに、
全く真逆のやり方をしているのだから。

 
しかし、テック系CEO達は私たちが考えもしなかった
何かに気がついているようだ。

 
WIREDの元編集者で3D RoboticsのCEOである
クリス・アンダーソンは、
自宅にある全てのデバイスに時間制限や
ペアレンタルコントロールを設定している。

 
「子ども達は、テクノロジーに対して親がそんなに独裁すべきでないし、
心配し過ぎていると訴えているよ。
友達の家ではそんなルールはないってね。」
クリスは6歳から17歳の5人の子どものことを語る。

 
「でも、テクノロジーの危険性は僕が身を持って体験してきたことだ。
僕はそれを我が子に起きるのを見たくはないんだ。」

 
彼が言っている「危険性」とは、
ポルノやいじめといった有害なコンテンツに曝されること、
そしておそらく最悪なのはデジタルデバイス中毒者になることだ。
そう、まさに今の親世代の人たちのように。

 
テック系マーケティング企業OutCast AgencyのCEOである
アレックス・コンスタンティンは、
5歳になる息子には一切のガジェットを禁止し、
10歳と13歳の子には平日夜は30分だけ許可している。

 
BloggerやTwitter、Mediumの創始者である
エヴァン·ウィリアムズと妻サラは、
2人の幼い息子達は、
いつでも検索してすぐに読むことが出来るiPadの代わりに
沢山の本(もちろんデジタルではない方の本)を持っていると語る。

 
どのように境界線を引くか

 
彼らどのようにしてその適切な境界線を
設定するのだろうか?一般的には年齢だ。

 
10歳未満の子どもは
中毒性のあることに対し影響されやすいことから、
親たちは平日はどんなガジェットに対しても一線を引くようだ。
そして週末には30分〜2時間程に限定してタブレットやスマートフォンを許可する。
10歳〜14歳の子に対しては平時の夜、
宿題をするためだけにパソコンの利用を許可する。

 
「僕たちは子ども達に対し、
スクリーンなしで過ごす時間をしっかりと決めています。」

 
テックメディア系企業の
SutherlandGoldグループのCEOレスリー·ゴールドは語る。

 
「しかし、子どもの年齢が上がるにつれ、
また学校でパソコンが必要になるにつれ、
少しづつ許可していく必要があるでしょう。」

 
10代の子ども達にはSNSを禁止しながら、
送信後にメッセージを削除できるSnapchatのようなサービスは
許可している親たちもいるようだ。

 
「このような仕組みがあれば、
オンラインに投稿してしまったある一言が、
その後の人生に付きまとうという怖さから逃れることができる。」
とあるCEOは言う。

 
共通する1つのルール

 
テック系ではない(いわゆる普通の)親たちは8歳だとしても
スマートフォンを買い与える。一方で、
テック系企業で働く親たちは14歳になるまで待つ。
そしてやっとスマートフォンを
手に入れたとしても通話やテキストメーッセージはできるが、
データ通信プランは16歳になってから。

 
ルールは様々だが、私が調査した所、
テック系の親たちには1つの共通したルールがあるようだ。

 
「共通ルール:寝室にはデジタルスクリーンがない。」

 
過度な禁止をすべきではないという考え

 
テック系の親たちでも、
時間によって制限する親もいれば、
デジタルスクリーンそのもので
何をするのかという部分により厳しくしている親もいる。

 
アリ氏(iLike創始者、FacebookやDropboxのアドバイザー)はこう語る。

 
「スクリーンの上でも、YouTubeを見たりゲームしたりする【消費行動】と、
何かを作る【創造的行動】は分けて考えるべきです。」

 
「子どもが絵筆を持ったり、ピアノを弾いたり、
物書きをしたりする時間を制限するなんて夢にも思わないのと同様に、
コンピューターアートや映像制作、
プログラミングをして過ごす時間を制限するなんてばかげています。」
と彼は言う。

 
その他に、あからさまな禁止が裏目に出ると
デジタルモンスターを生んでしまうと考える人もいる。

 
TwitterのCEOであるディックは、
10代の子どもたちがリビングルームにいる間は
無制限でデジタルガジェットを使ってもよいことにした。
彼らは、あまりに沢山の時間制限は子どもたちに
悪影響を与えると考えているのだ。

 
ディックは言う。

 
「僕がミシガンの大学にいた時、
寮の隣の部屋にある男が住んでいたんだ。
彼の部屋にはコカコーラやあらゆる炭酸飲料の
ケースがいくつも積み上がっていたんだ。」

 
「後から分かったことだけど、それは彼が幼い頃、
彼の両親が炭酸飲料を禁止していたことからの反動だったんだ。
もし子どもに一切のガジェットを禁止しているとしたら、
将来どんな問題が起きるか考えてみる必要がある。」

 
スティーブ・ジョブズが大切にしたこと

 
私はジョブズ氏に、彼の子どもたちはiPadの代わりに
何をしているのかを尋ねたことがなかった。
それで私はジョブズ氏と家族ぐるみの付き合いで、
スティーブ・ジョブズの著者であるウォルター·アイザックソンに
連絡を取って尋ねてみることにした。

 
「スティーブは毎晩決まって、広く長い食卓を囲みながら、
本や歴史、様々な事を議論していたよ。」

 
そして彼はこう語った。

 
「そこでは誰もiPadやパソコンを取り出さない。
子どもたちはデジタルデバイスに全く興味を持っていないようだったね。」

 
「Steve Jobs Was a Low-Tech Parent」 より意訳、引用。

 

 

我が子の場合

 
私の子育ての時代でも
保育所時代から携帯など…持たせる親も多かったです。
…が、私自身は昔はそんなんなかったし…
なかったらないなりに工夫して出来る力を持てば良い
というような発想だけだったんですが

 
子どもから 小学校に入ると 「他の家では持っている」
攻撃も、もちろんたくさんありましたが(笑)
欲しかったら自分で稼いで買えば良いと言ってました。

 
小学校、高学年になると本をハリーポッタの本を
ガムテームで貼り付けなければ
いけないほどボロボロになるぐらい
読むような子でした(笑)

 
高校に入って自分でバイトして携帯を持つようになったのですが
欲しいと思う欲求がすごく強かったんでしょうね。
人一倍、使いこなすタイプになってました(笑)
いいのか、悪いのか…
良くわからないですが
自分で手に入れると気持ち良いみたいでした。

 
ただ…片付けの仕事をしてきて
感じてきたことは
子ども時代にアナログなことをやってきている人ほど
イメージする力があるんだと思われます。

 

 

 


収納家事コンサルタント WORMOM Podcast 登録はこちらからどうぞ(^ ^)! ↓↓↓
 

スクリーンショット 2016-06-11 8.14.01

 

2016-04-11 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

片付けられる子どもに育てる?


こんにちは
「 家族を巻き込む収納・家事の専門家 」 WORMOM(ワーマム)の吉中直美です!
 
「Give a man a fish and you feed him for a day.
Teach him how to fish and you feed him for a lifetime.」
 
という格言知ってますか?

 
うふっ
 
ちょっと、カッコつけてみたかった(笑)
 

 

魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ

 
魚を与えればその場の飢えはしのげる。しかし明日も同じ状態になる。
つり方を教えれば、その後もずっと食べていける

 
ユダヤ的な表現では
 
お腹がすいたと子供が訴えた時に、馬鹿な母親はすぐに魚を焼いて子供に与えるが、
賢い母親は魚の釣り方を子供に教える

 
与えられることが当たり前に育つと大変だなって
家の仕事を長年してきて感じてきたことです。

 
自分で何も考えようとしない上に、
自分では何もしないのに
不平不満が膨らむようです。(男女年齢関係なく)

 
それこそ、もったいないですね〜。
だって、人間だもの(by あいだみつをさま (^ ^)♪)
 

 

片付けられる子どもに育てる?

 
それは、本人しだい…
 
片付けられない親だったから…
片付けられる親だったから…
 
どうやっても片付けない子は片付けない(^ ^)
片付ける子は片付ける(^ ^)
それは、きっと親の問題ではなくて
本人の捉え方の問題です。
 
同じ親からも色んな性格のお子様が育っているように
自分なりに子育てをすればいいだけの話だと思います!
何度も言いますが、完璧な人はいないです!
 
あなたは、あなたでいいんじゃない?
 

 
自分らしくできる方法をお伝えします!

 

2016-03-24 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

【WORMOM ONLINE SCHOOL】今日はどんな気分? ◆ ガーベラ(Gerbera type)


 
■ 自分で計画することができる(未来から物事を考える)
■ 自分で仕事を作り出すことができる(現状の状態から考える)
■ 出来ることを増やそうと技術を高めることができる(現状の状態から考える)
■ 仕組みが出来上がっているところで持続してやることができる
 

 
今日は、アイディアが浮かんで色々、やってみたくなる日のようですね。
わくわくしますね♪

 
そんなときは…
 

 

時間から進める

 
あなたは、WORMOM CAFE のオーナーです(^ ^)!
時間には、限りがありますよ!!!
 
その辺も注意しようね(^ ^)!
 
家族と一緒にできたらいいね…
 

 
※ 毎日の生活スタイルの家事習慣を見直すことも意識しよう
 

 
■ あなたは、どんな「WORMOM CAFEのオーナー」に、なりたいですか?
 
※ 毎日、当たり前に続けられることを意識するとわかってくることがあります。
 
・ どんなときでも、バランスの良い自分
・ 良いとか悪いとか、そのような判断がなくなります。
・ 家族全員の状態などや…バランス思考のトレーニングになるのです。
・ 好きとか嫌い(イライラ)がなくなります。
・ 過去の出来事も色んな角度から捉えられるようになります。
・ 解釈が変わると、自分がどんどん進化しはじめます。
・ 常に意識を「今」にもっていく
 

※ 行き詰まったら…コンサルティングしますよ♪

2016-03-09 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

【WORMOM ONLINE SCHOOL】今日はどんな気分? ◆ チューリップタイプ(Tulip type)


 
■ 自分で計画することができる(未来から物事を考える)
■ 自分で仕事を作り出すことができる(現状の状態から考える)
■ 出来ることを増やそうと技術を高めることができる(現状の状態から考える)
■ 仕組みが出来上がっているところで持続してやることができる
 

 
今日は、現状のことから考えるパワーがある日のようです。
わくわくしながら、進めていきましょう♪

 
そんなときは…
 

 

習慣から進める

 
あなたは、WORMOM CAFE のオーナーです(^ ^)!
習慣から、あれこれイメージして計画(PLAN)をたてましょう。
 
WORMOM ONLINE SCHOOLの家事リストを見直すのも良いし
タスク管理シートを見直すのも良いし
他…課題のシートを見直すタイミングなんでしょうね♪
 
家族と一緒にできたらいいね…
 

 
※ 自分の経験の範囲内の思考で物事を考えることが多いです。
※ 家族のそれぞれの感覚とずれてしまっている確率も高いです。
 

 
■ あなたは、どんな「WORMOM CAFEのオーナー」に、なりたいですか?
 
※ 毎日、当たり前に続けられることを意識するとわかってくることがあります。
 
・ どんなときでも、バランスの良い自分
・ 良いとか悪いとか、そのような判断がなくなります。
・ 家族全員の状態などや…バランス思考のトレーニングになるのです。
・ 好きとか嫌い(イライラ)がなくなります。
・ 過去の出来事も色んな角度から捉えられるようになります。
・ 解釈が変わると、自分がどんどん進化しはじめます。
・ 常に意識を「今」にもっていく
 

※ 行き詰まったら…コンサルティングしますよ♪

2016-03-09 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

【WORMOM ONLINE SCHOOL】今日はどんな気分? ◆ あじさい​(Hydrangea type)


 
■ 自分で計画することができる(未来から物事を考える)
■ 自分で仕事を作り出すことができる(現状の状態から考える)
■ 出来ることを増やそうと技術を高めることができる(現状の状態から考える)
■ 仕組みが出来上がっているところで持続してやることができる
 

 
今日は、現状のことから考えるパワーがある日のようです。
わくわくしながら、進めていきましょう♪

 
そんなときは…
 

 

習慣から進める

 
あなたは、WORMOM CAFE のオーナーです(^ ^)!
習慣から、あれこれイメージして計画(PLAN)をたてましょう。
 
WORMOM ONLINE SCHOOLの家事リストを見直すのも良いし
タスク管理シートを見直すのも良いし
他…課題のシートを見直すタイミングなんでしょうね♪
 
家族と一緒にできたらいいね…
 

 
※ 自分の経験の範囲内の思考で物事を考えることが多いです。
※ 家族のそれぞれの感覚とずれてしまっている確率も高いです。
 

 
■ あなたは、どんな「WORMOM CAFEのオーナー」に、なりたいですか?
 
※ 毎日、当たり前に続けられることを意識するとわかってくることがあります。
 
・ どんなときでも、バランスの良い自分
・ 良いとか悪いとか、そのような判断がなくなります。
・ 家族全員の状態などや…バランス思考のトレーニングになるのです。
・ 好きとか嫌い(イライラ)がなくなります。
・ 過去の出来事も色んな角度から捉えられるようになります。
・ 解釈が変わると、自分がどんどん進化しはじめます。
・ 常に意識を「今」にもっていく
 

※ 行き詰まったら…コンサルティングしますよ♪

2016-03-09 | Posted in BLOG, From 吉中直美

 

【WORMOM ONLINE SCHOOL】今日はどんな気分? ◆ ゆり​(Lily type)


 
■ 自分で計画することができる(未来から物事を考える)
■ 自分で仕事を作り出すことができる(現状の状態から考える)
■ 出来ることを増やそうと技術を高めることができる(現状の状態から考える)
■ 仕組みが出来上がっているところで持続してやることができる
 

 
今日は、未来のことから考えるパワーがある日のようです。
わくわくしながら、進めていきましょう♪

 
そんなときは…
 

 

空間から進める

 
あなたは、WORMOM CAFE のオーナーです(^ ^)!
空間から、あれこれイメージして計画(PLAN)をたてましょう。
そして、家族と一緒にできる空間をイメージしながら
進めていくといいですね♪
 
直感でどんどん進めていこうよ♪
 

 
■ あなたは、どんな「WORMOM CAFEのオーナー」に、なりたいですか?
 
※ 毎日、当たり前に続けられることを意識するとわかってくることがあります。
 
・ どんなときでも、バランスの良い自分
・ 良いとか悪いとか、そのような判断がなくなります。
・ 家族全員の状態などや…バランス思考のトレーニングになるのです。
・ 好きとか嫌い(イライラ)がなくなります。
・ 過去の出来事も色んな角度から捉えられるようになります。
・ 解釈が変わると、自分がどんどん進化しはじめます。
・ 常に意識を「今」にもっていく
 

※ 行き詰まったら…コンサルティングしますよ♪

2016-03-09 | Posted in BLOG, From 吉中直美