BLOG, From 吉中直美

家事労働時間を減らして家族が仲良くなる仕組みの作り方


 
家族が手伝いたくなる時短家事・収納システム作りの専門家、
WORMOM(ワーマム)の吉中直美です。
 

 

家事労働時間を減らす?

 
働くママは、寝るヒマもないほど
忙しいでしょう…
 
シングルマザーとして
会社に属さないで1人で仕事をしながら
たった1人で子育てをしてきた
キッチンのシステム作りの考え方をあなたにお伝えしています!
 
やろうと思えば、誰でもできる考え方です。
 
そして、
子どもに考える力を身につけさせることが
できます!!
 
その上、家事を分担でき
協力しあえるので
家族それぞれ、自分の時間が生まれます。
 
毎日、一生懸命料理を作っているお母さんの
思いとは裏腹に…
 
家族はそれほど、感謝の気持ちがなく
 
「美味しくない」
「お腹すいた〜まだ〜」などと
 
不満をばかり言ってくるのです 笑
 
仕事から帰ってきて
クタクタになっているのに
ホッと休める時間もない状況の毎日では
あなたの心も、体も、消耗するばかりですよね?
 

 

覚悟を決めた!

 
私は、シングルマザーになったとき…
覚悟を決めました。
 
週に80〜100時間働いていました。
 
次々に起こる問題に追われ…
体も心もクタクタになりながらも
周りからは、勝手なことを言われながらも 笑
 
自分ができる方法を模索してきました。
 

 

閃いた!

 
それは、
家事労働の最適化ではなく…
 
家族に発生する複雑な問題を紐解いてみれば
それが、心、体調がパーツとしてつながり合っています。
 
心、体調のパーツごとの問題を
「発生しないようにする」には?

と、考えました(^ ^)♪
 

 

家事労働をマニュアル化

 
毎日の家事労働を機械的に仕組み化すること
 
「どんなときでも、誰でも同じ手順を踏むことで」
同じぐらいのクオリティができる仕組みを作ればいい…
 
と、いうことに気がつきました(^ ^)♪
 
どうやれば、子どももできるのか?
どうやれば、毎日の家族のコミュニケーションの時間をとれるのか?
どうやれば、女性が体調を崩しても家事労働がまわる仕組みができるのか?
 
これは、女性が家事労働に追われ
イライラしてへとへとになり
家の中で、ピリピリすることで
家族内の不穏な空気が流れ
ケンカが勃発し、子どもにも悪影響がいく流れ…
 
女性も、自分の時間、やりたいことに専念できることが
できる仕組みを作るということであります。
 
あなたも勉強し、行動してもらうと
半年もすると家事労働時間が減っていくことを
体感できると思います!
 
そうすると、あなたの時間を
自分のことに(成長)使えるようになるということです。
 
家族も、自分でできる喜びを体感し
無駄な買い物クセも抑えることができます。
 
どんどん、家の中も好循環が生まれます。
 

 

家事両立を実現する!

 
きっと、多くの女性が躊躇するマニュアル化ですが
これをしなくては、家事両立をすることは
実現できないと思います。
 
毎日の家事が楽になってきます!
迷うことが、なくなってきます!
 
そして、
家族を巻き込むこと!
それが、マニュアルを進化させることの秘訣です。
 
そうすることで、
あなたの家事労働時間を減らす効果も出てきます。
 
あなたのおうちマニュアルが、良いものかどうかの判断基準は
 
「家族以外の人でもできるものか?」と
 
自分に問いかけてみると
良いかもしれません♪
 
あれも、これも…と
欲張って家族を一気に巻き込もうと
することはやめるべきでしょう。
 
1つずつ集中させた方が
結果的にうまく巻き込めるようになってきます。
 
 
実際、スクールを受けて下さっている方の声はこちらです
↓↓↓

 

 
私のスクールへの思いは、こちらを見てみてください♪
↓↓↓

 

 
スクールの詳細は、こちらを見てみてください♪
第4期生は、来年4月からスタートです!
↓↓↓

 

 

2017-11-05 | Posted in BLOG, From 吉中直美