VOICES

WORMOM ONLINE SCHOOL お客様の声 #50 熊本県M様


コンサルティングありがとうございました。
 
いろいろ自分なりにやってきたのに関わらず…
いつも失敗をしているような気がする…
どうにかしたい!
 
そんな思いがある我が家の、
なかなか解決しない問題を相談させていただきました。
(ONLINE SCHOOLも受けているのに、と最初は躊躇していたのですが)
 
提案は、実演交えながら、的確にしていただき感謝します。
話していくうちに時間の大半は、相談した収納そのものより、
 
私はどうなりたいのか? 
それをどう考えているか?
これから先の暮らしかた?
 
長女の食のことやら、主人との関係にはじまり、いろんな相談をさせていただきいました。
私と家族がより家族になるために、様々なアドバイスしていただきました。
本当にありがとうございました。
 
なかなか主人が家にいないので、実際は亀の歩みですが、
いない時間は、変わるための準備期間とおもいながら、
ぼちぼちやっていきたいと思っています。
 
残りのオンラインスクールと合わせ、さらに進化していきたいと思います。
 
また何かあったら相談したいです。
 
 
—-
 
 
あと、以下振り返りはながーいです。
 

 

1年前と変わったこと

 
・ することリストが減って、しなくていいことリストが増えてきた。
 
・ ありがとうがたくさん言えるようになった。
 
・ 人間らしい食べものになった。
 
・ 冷蔵庫一杯なのに、食べるものがないという思いがなくなった
 
・ いつも同じものしか食べてないという感じがなくなった
 
・ 気分がのらない外食・中食して罪悪感から解放された
 
・ 無駄な(ただ空腹をみたすだけの)外食がなくなり、食費が大きく減った
 
・ 作り置きのプレッシャーから解放された
 
・ 日曜日が、家族のたまの時間に使えるようになった
 
・ 作り置きやめて、大量の保存容器とおさらばできた
 
・ 野菜の食品ロスが減った
 
・ 自分の能力にみあった野菜の適量を把握できた(キャベツは半玉十分とか)
 
・ ドレッシングを手作りすることで、賞味期限とか瓶の廃棄を気にしなくてよくなった
 
・ 行事を前倒しせず楽しむことができるようになった
 
・ 自分は、見えないと忘れるタイプなんだと自覚できた
 
・ おねーちゃんの好き嫌いは、私の料理のせいにしていたが、随分と和らいだ
 
・ 買い物リストを作る時間がいらなくなって解放感
 
・ 買い物リストのものがスーパーに、売っていないときの脱力感から解放された
 
・ 子供がやりたい(お手伝い)と、言ったときにお願いすることができるようになった
 
・ 流行に飛びつくことが減った
 
・ 定位置化が進んで、子供たちも自分で取ったり、戻しておいてくれるようになった
 
・ 在庫がなくなったら声掛けしてくれるようになった
 
・ 冷凍ごはんの山にうんざりすることがなくなった(循環できるようになった)
 
・ 買い物行く前に、冷蔵庫の掃除ができるようになった
 
・ 自分の癖を知って、買い物の仕方を考えられるようになった
 
・ 子供たちが自分でできることが増えた
 
・ 私のできることも増えた
 
・ 失敗したときに一言かけられるようになった
 
・ 子どもの様子を見ながら、子どもにシフトできるようになった(自分でできるように)
 
・ 週末の家呑みが増えた
 
・ コンビニも十分戦力にできるようになった
 
・ 食洗器への食器の入れ方がきれいになった(洗い残しがなくなり、片づけるときも楽)
 
・ トレーの導入が、自分のことを自分でするという意識の変化になった
 
・ タスクシートでお互いのやることが明確になり、互いのストレスがなくなった
 
・ 子供に時間の意識と習慣づけが大切なことを、自然に体感しながら伝えられそうな気がする
 

 

気持ちの変化

 
・ 「ありがとう」と口に出すのが恥ずかしくなくなった
 
・ 旦那と、もっと仲良くしたいと思った。
 
・ してほしいことを口に出すことで、無言の不機嫌が解消されはじめた
 
・ 「私ばっかり!」とい思いが、家族の中で随分と減ってきた
 
・ 家族のことは、お互いのためにできればいいなぁ…という思いを持つようになった
 
・ 「ママはみんなのためにいろいろしてあげてるけど…誰もママを助けてくれない」という負の感情に支配されていたが徐々に解放中!!!前は、期待と(期待を裏切られる)怒りのどっちかだったけど、選択肢が増えた
(信じること、あきらめ? まっ、いいかー…とか)
 
・ とりあえずは、行動するときだけの言葉
 
・ 「とりあえず」=「使いこなせない」と体感した(買い物)
 
・ 「自分はどうしたいの気持ちは、どこからくるのか!」と考えるようになった
 
・ SNSで見えるのは、生活の一面を切り取っただけですべてではないと、頭でわかっていましたがどうしても心揺さぶられる自分がいましたが、前よりはマシになった
 
・ 子どもに任せることが、成長なんだって思えるように
 
・ 自分のやりたい気持ちを大切にしたら、子供のやりたいことも受け入れるようになった
(気持ちに余裕が出てきた?)
 
・ 自分の思い通りに動かそうという気持ちがなくなった
 
・ 「動いてもらうためにどうすればいいか?」を考えられるようになった
 
・ 「まっ、いいかー」があると、楽しくなった
 
・ 自分以外のことは、「そのうち、どうにかなるかも。」と思うことができる
 
・ 頼む相手によって、頼み方を(言い方、メモの書き方とか)変えれるようになった
 

 

なぜ変われたか?

 
・ 「ありがとう」が言えるようになったから
 
・ 自分ばっかりという思いが消えたから
 
・ FBで自分だけではないことを知ったから
 
・ 力ずくで動かそうせず、「動いてもらうためにはどうしたらいいか?」って発想が変わったから
 
・ 自分らしく、自分がどうしたいかが分かったから
 
・ できないこと・弱点を知って、認めたら、基準がかわった
 
・ 続けるためのハードルの高さの調節方法を知ったから
 
・ できない自分から一気にできる自分にはなれない、続かないことを知ったから
 
・ 本当はどうしたいか?考えるようになったから(まだまだだけど)
 
・ 完璧を求めなくなった → 「できたらいいな」に変えた
 
・ 直美さんや良恵さんの言葉が、じんわりきいてきた
 
・ 「やりたいときにやればいいよ」と言われ、「じゃ、いつなんだ?」と考えたら、「今」と思えたから
 
・ 続けられるシステムがあれば、続けることができると体感したから
 
・ 家族のためにという思いがあれば、がんばれることを知ったから
 
・ 最初ルールだらけになって、窮屈になるんじゃないかと心配だったけど、頭の中がすっきりした(実際は、全然不都合がないこと。どうにかなるってわかったから)
 
・ 変わることの、変わっていくことの快感を体験したから
 

 

2017-07-13 | Posted in VOICES