BLOG, From 吉中直美

【習慣・時間・空間から見直す】Naomi’s cafe kitchen Vegetables rule


 

 

 

 

 
※ 冷凍たまねぎがなくなったので1袋追加(5ケ入り)
だいたい 180g 3ケ(残2ケは後日)

 
※ 残ったごぼう、にんじん、大根、ねぎはスープ用にカットしてしまう
(覚書 1日目 ヨーグルトなどボデガ・2日目 サラダor漬物・3日目 ごぼう、ねぎ・4日目 大根、たまねぎ・5日目 スープ用にカット・6日目 )
1週間に5種類?
 

 

 

 

冷凍(氷冷器)

 
※ フードプロセッサーを出すのも億劫な体質なことを認めました…
続けるための収納の工夫をしましたよ♪
 
■ たまねぎ(中(180gぐらい)3コ目安)

 
■ 大根(1/2本目安)

 

 

空間

 
私は、子どもに自分のことを
自分でできるように考えながらキッチンのシステムを
構築してきました。
 
私が仕事などでいないときにも
空間から子どもでも、わかりやすい状況を作るのです。
 
冷蔵庫→鍋→食器・野菜・保存容器・弁当箱の大きさをリンクさせて
逆算して考えてルール作りをします。
そうすると、もれなく買い物の頻度や買う野菜の量が
割り出せるので、明確に子どもに何をしてもらったら
良いのか、伝えやすいのです。
 
それが、時間がない中で一緒にコミュニケーションを
しながら料理作りができた秘訣です。
 
私のこれからのルールの目安を決めていきます。
 
在庫できる空間から逆算して考えると
1回分で購入する分の目安の野菜の量は、このバットの大きさで
考えると効率良さそうです。
 
そして、野菜の5色(赤・黄・緑・黒・白)を意識する(この中で入る量で考える)
通年ある野菜で定番として続けやすい基準にします。
 
↓↓↓

230×185×45
 

 

冷蔵庫内の空間から逆算して考える

 
自分が食べる量、習性とこれからのことを考えて
身につけた方が良さそう基準で考えると…
 
・野田琺瑯 持ち手付きストッカー 角型 ホワイト 1.2L(水500mlで4杯分目安)

 

 

器の量と鍋をリンクさせ管理しやすくする

 
スープを1回で作る分の目安


 

 

時間・習慣(毎日の続けやすい方法)

 
私の場合…
・ 30分目安でできる方法にする
・ 野菜のカットの仕方を決めておく
 
ex
■ スープ用
・ にんじん 2本
(イチョウ切り)
・ れんこん
(半月切り)
・ ごぼう
(斜めカット)
・ かぼちゃ 1/4
(横半分に切り、三角形の頂点から、放射状に切って、さらに切る)
・ 大根 1/4
(イチョウ切り)
 
全部カットしたら、それぞれを5等分にして冷蔵庫に入れておく
 

 

冷蔵庫の空間から逆算して在庫を決める

 
・野田琺瑯 持ち手付きストッカー 角型 ホワイト 1.2L(水500mlで4杯分目安)
・野田琺瑯 レクタングル深型M ホワイトシリーズ WRF-M×2コ

 

 
・staub ココットラウンド 14cm×2

 
■ 常備菜
・ にんじん 1本(ピクルス・塩昆布漬け
・ 大根 1/4(ピクルス・塩昆布漬け
・ かぼちゃ 1/4(かぼちゃの煮物
 

 

冷蔵庫の状態

 

 
うん(^ ^)♪
いい感じ 笑
気持ちいい♪
 
改善点
 

#1 ・頭がまわらないときは1時間みたほうがいいかも…

 

 

2017-04-21 | Posted in BLOG, From 吉中直美