BLOG, From 吉中直美

私と親の価値観には、決定的な違いがあった


こんにちは
「 家族を巻き込む収納・家事の専門家 」 WORMOM(ワーマム)の吉中直美です!

 
参考までに…↓↓↓
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
最近では、100年で人生計画を考えた方がいいのか!?
 
私の父母が子育てをしていたころの常識と
時代の流れも寿命もすごく変わりました(^ ^)!
 
子育ての感覚も、私の育ったころと我が子のときも
全然違っていました。
 
10年前ほどの常識が変わったりします。
 
両親が私を育ててくれていたとき(昭和)の
平均寿命は70歳・定年は55歳
 
私が子どもを育ていたとき(平成)の
平均寿命は90歳・定年は75歳?
 
20年も変わっているじゃないですか…。
だから、あの頃…なんとなく違和感があったんだなと
今になってみると納得したりします。
そして、自分に対してがんばったなぁ〜って思ってしまう 笑
 
「子どものこと、親のこと、私のことも…
どうするのが一番いいのだろう」
 
私らしく生きるためには?
  
働き方、学び方、結婚、子育てなど…
ぼーーーーっと、考えてみるのも、いいのかもしれないです♪
かなり、ざっくりですけど(^ ^)
自分に問う…。
  
参考までに↓↓↓
  

 
 

spring(肉体的成長)〜25歳

 

 
Q. 子育てする?
 
うん。それは、絶対したい!
  

 

summer(精神的成長)〜50歳

 

 
Q. どうやったら成長出来る?
 
自分に自信がない…大嫌いを克服したい
子育てを通して、自分の成長に意識を持つ
自分に出来ることに全力を尽くす!
そして、自分が納得出来るように生きる
子どもも、自分の人生は自分でやるものだと伝える
 
・働く
・働くスキルを身につける
・今できる普段の生活から、健康も意識
  

 

autumn(成熟的衰退)〜75歳

 

 
Q. 次のステップに向かう
 
私は、私
子どもは子どもの人生のスタート!
  

 

winter(能力的喪失)〜100歳

 

 
Q.どうやって生活していたい?
 
やるだけやった。人生、楽しんだって終わるぞ!
 


収納家事コンサルタント WORMOM Podcast 登録はこちらからどうぞ(^ ^)! ↓↓↓
 

スクリーンショット 2016-06-11 8.14.01

2017-03-11 | Posted in BLOG, From 吉中直美