From 濱本良恵, YouTube

時短料理が叶うキッチン~冷蔵庫 ◆ Shorter working hours cooking come true kitchen – fridge


時短料理を叶えるキッチン☆
時短料理のためには、在庫の把握をすることが大切です。
料理の時間も、買い物の時間も、
献立を決めることも短縮するためにここまで仕組みを作­ってしまっています。
これいによって、食材がしなびたり、賞味期限切れを起こすことがなくなりました。
濱本良恵のブログ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

先着50名様のみ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
私は今まで365日、家事に悩まされてきました。

 
仕事から帰ってからの料理することが億劫で、
食材も何度も賞味期限を切らす罪悪感
買い物に使う時間もない…
子どもにまともな食生活や習慣を身につけさせたいのに

 
会社も身内もまわりにも…
協力体制は全くなかったのです。

 
 

あるある 2大用語

 
どんなにやっても、がんばっても
周りから言われることは、子どもに対しては

 
「かわいそうに」

 
私に対しては

 
「自分で選んだことでしょ。」

 
《これ以上どうやればいいんだ???》と考えている私に追い打ちをかけてきます。

 
そして、この言葉を言ってくる人に対して

 
心の中で思いっきり
回し蹴りしていました(笑)

 
そうやって自分を抑えていました。

 
今ではそのカラクリも見えたので平気になりました。
当初は、心の中で回し蹴りしながらも、いちいち傷ついていました(^ ^)
それも、物の持ち方でどんな方がそう言ってくるのかパターンが
見えました(笑)役得ですね♪

 
「なぁんだぁ」って思えるようになりました。

 
心と部屋の状況がリンクしている意味がとってもわかります。

 
 

家事をシステム化する最短のルールが
最適な方法だった…

 
収納のお仕事をしはじめると
お客様はずっとリピートしてくれました。

 
この8年で30回以上のお客様多数、多い方たちは70回以上

 
私が編み出して、考えてやっていることを
教えて欲しいと言ってくれるのです。

 
■ 片付けのことだけで依頼がくることはなく
■ インテリアのことだけでなく
■ 服のコーディネーター的なことだけではなく
■ ガーデニング的なことだけではなく
■ 心理カウンセラー的なことだけではなく
■ リフォームや引越しの相談だけではなく

 
私が実際やっていることを
お客様は知りたいようでした。

 
教えてみると

・捨てる捨てない
・勿体無い
・もらったから
・高いから

 
ってあれだけ言ってたのに(笑)
判断基準が変わっちゃったんです。
変わるんです。

 
今までなんだったのぉ…って感じです。

 
…でも、お客様たちと何年も現場で培ってわかったことです。

なんと、

 
もれなく片付いて、気持ちも楽になって、
捨てることができる!!

 
どうしても、動画だけでは上辺しか伝わらないでしょうが
そのシステムを作ることを覚えてくれた彼女のキッチンの仕組みの様子も
きっと参考になると思います!!!
(ちなみに7年ほど前の彼女は、汚部屋のお客様でした(^ ^)
素直に1つ1つ向き合って取り組んでくれました。)

 
決して、片付けすぎてカリカリしているようなきっちり、かっちりタイプではなく
私と同等に超面倒臭がりタイプです!

 
そして、キッチンの家事労働の時間を
「1/5」時間で

 
■ 在庫管理(腐らせない、賞味期限切れ無し)
■ 買い物の時間の効率化
■ 子どもやご主人とのコミュニケーションの時間

 
に充てる方法を身につけてくれました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
「オープニングキャンペーン」では

 
あなたにとっての最短のルール、最適な家の使い方の考え方を
お伝えすることが出来ます!!

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 家事収納コンサルタント WORMOM(ワーマム)
収納・家事効率化のご相談、
家族の協力を得るための仕組み作り、買い物同行 etc
収納・家事のスペシャリストが、
働くママの『時間がない』を解決します。

【主要営業エリア】
神戸・西宮・芦屋・宝塚・尼崎・伊丹・大阪・京都
*その他エリアも対応可能です。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2016-01-15 | Posted in From 濱本良恵, YouTube